セミオーダー方式のデメリット

注文住宅といっても自由度が低い

注文住宅というと、自分のこだわりを反映できる、理想の家を実現できると思いがちですが、注文住宅の種類により異なります。注文住宅は大きく分けて、規格住宅・セミオーダー・フルオーダーの3種類ですが、一番自由度が高いのが、フルオーダー方式の注文住宅です。 セミオーダー方式は、ある程度の自由度はあるものの、すべてを自分たちで自由に決められるわけではありません。いくつかのパターンが決まっていて、断熱材や材料等以外の部分は、メーカーから選択肢が提示されます。選択肢に自分たちの好みのものがなくても対応できないケースもあるので、こだわりを実現できない可能性が高まります。選択肢が限られると、建売住宅や規格住宅とさほど変わらないつくりになってしまうかもしれません。

土地やコストの問題も関係

セミオーダー方式での注文住宅は、土地の大きさや形状により、建てられない場合があることに注意が必要です。セミオーダーでは、まず、家の型を選び、それをベースにして住宅を設計していきます。そのため、その「型」に当てはまらない広さや形状の土地には建てることができません。すでに所有している土地を利用する場合、いくら気に入った型のセミオーダー住宅があったとしても、断念せざるを得ないのが、セミオーダーの弱点です。 また、セミオーダー方式は、建売住宅や規格住宅よりもコストが上昇する傾向にあります。ある程度の自由度があるセミオーダー方式は、洋服でいう「イージーオーダー」です。選択肢をオプションとして選ぶ形になるため、メリハリをつけないと、予算オーバーになる危険性があります。