フルオーダー方式のメリット

理想を追求するのに最適な手法

住宅に求める理想を満たすには、フルオーダーほど適した方式はありません。施主の希望を100%反映させられる唯一の方法で、その他の方法では少なからず妥協を求められます。セミオーダーもオーダーメイドの一種ではありますが、住宅設備はすでに用意されたものから選択していきます。洗面所を海外製にしたい、間取りに合ったキッチンを製作したい、といった状況ではフルオーダーでなければ困難でしょう。

フルオーダー方式の注文住宅造りでは、ゼロから建築していく楽しみを味わえます。床材や壁紙の色、独特な形状の部屋など、こだわりをすべて実現できるわけです。建売住宅やセミオーダー住宅と比べて価格は高くなりますが、所有欲を最も満たせる方式として注目されています。

意外にもコスト削減が容易な一面も

一般的にフルオーダー方式の注文住宅は建築費が高額になりますが、住宅設計によっては建売住宅並みに抑えることもできるのです。本気でこだわりたい部分、そうでない部分を明確に分けておき、後者にはあまりお金をかけないようにします。使用頻度の低い部屋に関しては、安価な建材を使用するという手もあるでしょう。フルオーダーは住宅設計だけでなく、コスト面でも融通がきくのです。

コストをなるべく抑えるなら、外観と間取りをシンプルにするのがおすすめです。複雑な設計にすればするほど、建築費用にそのまま反映されてきます。もちろん予算に余裕がある方であれば、すべてにこだわるのもありです。妥協せずにお金をかけたり、建売住宅レベルのコストに抑えたり、すべてが施主の思い通りになるのです。

賃貸住宅と比較した場合の一戸建てのメリットは自宅が資産になるので相続や売却、リノベーションが自由なことです。ただし費用負担の大きさがデメリットで購入資金の他に維持費や修繕費がかかります。