フルオーダー方式のデメリット

自由設計特有の大変さがある

完全なる自由設計が実現するフルオーダー方式ですが、デメリットがないわけではありません。何もない状態からの設計になるので、打ち合わせに多くの時間が必要になるのです。例えばドアの取っ手の種類にまでこだわる人ですと、気の遠くなるような時間を要します。

また自由設計ゆえの欠点もあり、何をどう設計していけばいいのか迷うという人が少なくありません。注文住宅を建てる人の多くは、住宅設計に関して素人です。それゆえ見た目を重視するあまり、機能性がおろそかになるケースが多々あります。例えば憧れの吹き抜けを導入し、優れた採光性と解放感を手に入れた一方で、冷暖房費用が高額になる、二階の居住スペースが狭くなるなどのデメリットに気づいたという人もいるのです。

施工費用は青天井になることも

フルオーダー方式は施主が捻出できる資金がそのまま予算になります。大金をかけようと思えばいくらでもかけられるので、施工費用に上限はありません。それゆえ建売住宅やセミオーダー方式の注文住宅のような感覚で建てると、予算を大きくオーバーする可能性大です。細部にまでこだわるとなれば、建売住宅の2倍超の施工費用になることも多々あります。

建設に費用をかけた住宅というのは、メンテナンス費用も比例するように高くなります。例えば超高級の塗料を使用すれば、塗替え時の費用も同様に高額になるでしょう。吹き抜けを導入した場合も、メンテナンス時は高所作業が中心になるので費用は割高になります。フルオーダー方式の注文住宅は、建てるときも建てたあとも出費が大きくなるのです。

建売住宅は価格が安い傾向にあり、すぐに入居できることがメリットです。しかし注意点として、間取りがすでに決まっているので個性を出せないことや、主に郊外に建てられるため利便性が低いことが挙げられます。