セミオーダー方式のメリット

コストを抑えてある程度自由度も高いセミオーダー方式

注文住宅というと全てを自由に決められるフルオーダー方式がイメージされますが、実際は全ての仕様を自分で決めるのは建築知識も必要で大変ですし、こだわるほどコストも高くなります。そのため、間取りや構造のプランがある程度用意されていて、その中から好きなものを組み合わせて設計する、フルオーダー方式と建て売りの中間的な存在であるセミオーダー方式が、メリットが大きい方式となります。規格がある程度決まっているため完全な自由設計にはなりませんが、生活しやすい動線や間取りはある程度決まっているので設計上の大きな失敗が発生しにくいのと、仕様が規格化されているため工期が短くローコストで注文住宅が建てられるのが魅力です。

セミオーダー方式はどこまで自由にできる?

フルオーダー方式よりも自由度が低いとはいえ、セミオーダー方式でも多くの選択ができます。設計プランは用意されたものから選ぶことになりますが、その数はかなりのものなので、特殊な要望でもない限りは理想に近いものを見つけられます。水回りなどの設備や、内装や床材、外観なども決められた中から選ぶものの、複数のパターンを組み合わせていけば大抵は好みの家に近づけられます。決まったパターンから選択していく方法は話し合いや打ち合わせもスムーズにできるので、家族の要望を具体的にしやすくなるメリットもあります。どうしても選択肢の中に無い特殊な要望も施工会社によっては対応してもらえることがありますが、その場合はコストが高くなるので注意が必要です。

分譲住宅とは、同じようなデザインでいくつも建てられた家のことです。注文住宅と違い自由度は高くありませんが、費用を安く抑えることができます。