フルオーダー方式の注文住宅を選ぶ際の注意点

しっかりと準備をして慎重に選ぶ

注文住宅を建てる時に、自分のこだわりや理想を実現させたいという気持ちが強い場合には、仕様のパターンが決まっているセミオーダー方式ではなく、完全自由設計のフルオーダー方式を選ぶ人も少なくありません。しかし、フルオーダー方式の注文住宅を選ぶことで、時間や手間を多く要することや、コストがかかることを予め考慮しておかないと、あとで後悔することになります。

また、具体的な間取りやデザインなどについて事前にある程度決めておいたり、専門的な知識についても人任せにせずに自分で調べておくことも必要です。なんとなく自由度が高いからという理由だけでフルオーダー形式を選ぶことがないように、計画や準備を進めた上で慎重に検討しましょう。

施工会社の選び方にも注意

フルオーダー方式の注文住宅を建てる場合には、設計や建築を依頼する施工会社の選び方にも注意が必要です。フルオーダー方式の場合には、セミオーダー方式と比べても話し合いや打ち合わせの回数が多くなり、担当者や建築家との相性も重要になります。自分が相談や話をしやすい相手かどうか、依頼者の立場に立ってきちんと意向を汲んでくれる会社なのかどうかという点にも注目して、直接しっかりとコミュニケーションをとってから最終決定をするようにしましょう。

さらに、フルオーダー方式では、予算や工期の面でも予想外のことが起こりやすいため、万が一のリスクに対して誠実に対応してもらえるかどうかについても、事前に確認しておく必要があります。

新築一戸建てを購入する際、床暖房やモニター付きインターホンなどの新しい設備やソーラーパネルのオプション設置の有無などを確認します。