フルオーダー方式の注文住宅について

フルオーダー方式の注文住宅は間取りや室内設備など、全て住む人自身が決められるのが大きな特徴です。ここでは、そんなフルオーダー方式のメリット・デメリットやフルオーダーの注文住宅を建てる際の注意点を解説していきます。

フルオーダー方式のメリット

住宅に求める理想を満たすには、フルオーダーほど適した方式はありません。施主の希望を100%反映させられる唯一の方法で、その他の方法では少なからず妥協を求められます。セミオーダーもオーダーメイドの一…

フルオーダー方式のデメリット

完全なる自由設計が実現するフルオーダー方式ですが、デメリットがないわけではありません。何もない状態からの設計になるので、打ち合わせに多くの時間が必要になるのです。例えばドアの取っ手の種類にまでこだ…

フルオーダー方式の注文住宅を選ぶ際の注意点

注文住宅を建てる時に、自分のこだわりや理想を実現させたいという気持ちが強い場合には、仕様のパターンが決まっているセミオーダー方式ではなく、完全自由設計のフルオーダー方式を選ぶ人も少なくありません。…

セミオーダー方式の注文住宅について

セミオーダー方式の注文住宅は基本的な仕様が既に決まっており、デザインや設備など一部について住む人が決められるのが大きな特徴です。ここでは、セミオーダー方式のメリット・デメリット及びセミオーダー式を選ぶ際の注意すべき点を解説していきます。

セミオーダー方式のメリット

注文住宅というと全てを自由に決められるフルオーダー方式がイメージされますが、実際は全ての仕様を自分で決めるのは建築知識も必要で大変ですし、こだわるほどコストも高くなります。そのため、間取りや構造の…

セミオーダー方式のデメリット

注文住宅というと、自分のこだわりを反映できる、理想の家を実現できると思いがちですが、注文住宅の種類により異なります。注文住宅は大きく分けて、規格住宅・セミオーダー・フルオーダーの3種類ですが、一番…

セミオーダー方式の注文住宅を選ぶ際の注意点

選べる範囲がある程度限られている

セミオーダー方式の住宅は家を建てる業者側で、ある程度デザインや間取りを限定し、その中から依頼者が好きなものを選択して家を建てるというものです。フルオーダー方式よりも自由度は低く、建て売りより自由度が高いです。セミオーダ方式の住宅は、限られたデザインや間取りの中で選択をしていくのでフルオーダーのように細部までこだわった家づくりをするのは難しく、変形した土地や間取りに合わない狭小の土地では対応ができないということがあります。どうしても取り入れたいデザインや間取りがある場合や、すでに家を建てる土地が決まっていてその土地が変形している場合や狭小な土地である場合は、セミオーダ方式の住宅を建てることは難しいかもしれません。

建てるのには時間も費用もかかる

セミオーダー方式の住宅は、建て売り住宅とは異なりある程度自分でデザインや間取りを決めることができるため、その分完成までに時間がかかります。施工会社や家を建てる工法にもよりますが、3か月~1年程度はかかると考えていたほうがよく、早く転居したいと考えている人には不向きかもしれません。また、完成までに時間がかかるため、その分の家賃や住宅ローンの頭金、万が一住宅が完成し引き渡しが完了したにもかかわらずすぐに引っ越すことができなかった場合住宅ローンの支払いも同時に行わなければなりません。完成までの期間や引っ越しの手順などを考え、ある程度まとまった金額の貯蓄を用意しておかないとセミオーダー方式の住宅を建てることは難しいと考えられます。

注文住宅には大きく分けてフルオーダータイプとセミオーダータイプという2種類があるという事はご存じでしょうか。実は同じ注文住宅でも、細かく見るとそれぞれの特徴などは異なっているのです。そこで今回は注文住宅についてフルオーダーとセミオーダー、それぞれのメリット・デメリット及び選ぶ際の注意点を解説していきます。